みんなの食卓2021【松屋フーズ公式】

松屋は「みんなの食卓でありたい」を企業メッセージに掲げています。国籍、人種、性自認、趣味嗜好の多様性が表面化し、それぞれが尊重される現代の日本。この国における「みんな」とは何か。取材班が、各地の「食卓」にお邪魔し、人生を聴いて、2021年現在の「みんな」について考えていきます。

「食事は『足の足』」 東京タワーを2分で駆け上がるアスリートの食卓。

高タンパク、低脂質。栄養重視のさっぱりとした味付け。 今回、はじめて「アスリートの食卓」へおじゃますることになり、わたしたちはそんな食事内容を思い浮かべました。…

「自分でさばくから、何十倍もおいしくなる」。 ロックな町の魚屋が伝えたい、ぜいたくではなく豊かな食卓

ロックバンド「漁港」のヴォーカリストでもあり、あの「さかなクン」さんとも交流を持つ、ちょっと変わった魚屋の店主がいる。 ——取材陣がそう聞いて向かったのは、千葉…

自由でたのしい、けれどそれだけじゃ物足りない。 元アイドルの「ひとり食卓」

松屋フーズがみなさんの「食卓」におじゃまする本連載。今回は初の、ひとり暮らしのお宅です。 東京の単身世帯は、いまや全世帯のおよそ半数。その中には夢を追いかけ地方…